大書院
大書院
欅造り瓦屋葺。明治初年、信州松代で蚕糸業で財をなした窪田家が造った蚕糸御殿で、昭和10年に移築された。全体の美しさと両側面大廊下の12間一本通しの杉柱は一見の価値がある。